目的別に使い分ける美容サプリ、3タイプ
2022年2月28日

エイジングケアサプリの成分

エイジングケアサプリに含まれる成分は様々あります。まず、体内でビタミンCとして働くアスコルビン酸は、コラーゲンの生成や抗酸化作用、メラニン色素を抑制してシミやくすみを改善する効果があると言われています。ビタミンCは、体内に余分に蓄積することができないので、毎日数回に分けて、こまめに摂取することが望ましいです。また、肌細胞に必要なビタミンB1や、肌の乾燥を改善する作用があるB2、くすみを防ぐ働きがあるナイアシンなどのビタミンB郡も、エイジングケアサプリに含まれる成分のひとつです。

摂取する場合は、できるだけ多くの種類が含まれたものを選ぶと、効果が発揮しやすくなるとされています。そして、ビタミンEは血管の健康を保って血流を良くする作用がある成分で、血液が肌のすみずみにまで巡ることにより肌荒れを防ぎ、生き生きとした肌へ導く効果が期待できます。それから、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするとされる大豆イソフラボンは、乾燥から肌を守ったり、皮膚のキメを整える効果があると言われています。この成分が配合されたエイジングケアサプリは、肌のコンディションが乱れて、ホルモンのバランスが崩れる更年期や、生理前後に積極的に摂取することが理想的です。

さらに、亜鉛は不足してしまうと、肌再生に必要なたんぱく質が合成されなくなって新陳代謝の動きが鈍くなり、ニキビや肌荒れが起きる可能性があります。亜鉛は、肌細胞の新陳代謝を活発にする作用があり、新しい肌を作るためには必要な成分です。エイジングケアを行うためには、健康な体や素肌を持つことが大切なので、エイジングケアサプリを摂取して、体の中からもケアすることが望ましいとされています。美肌サプリのことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です