目的別に使い分ける美容サプリ、3タイプ
2022年2月28日

目的別に使い分ける美容サプリ、3タイプ

美容を目的として使うサプリでも、「何に期待して飲むか」によって選ぶべき製品も変わっていきます。エイジングケア・美白・乾燥の改善を狙うならば、それぞれに効く有効成分を配合した美容サプリはセレクトして飲用すれば、解決に近づける可能性が高くなります。エイジングケアならばプラセンタが王道的ですが効き目が強いです。動物由来と植物性の物があるプラセンタですが、両者共に老化の改善並びに予防に効力があります。

アレルギーの問題を考えるならば、後者の方が安全性が高い上に徐々に作用していく様に促して行くメリットが強みです。動物性の場合では即効性がありターンオーバーを早める力が特化しています。二つの物を合わせて飲むのもエイジングに適しています。美白作用に効く美容サプリにはビタミンCを配合しているケースが多いですが、メラニンの生産に規制をかけながら、排出を促進させる作用が強いです。

アセロラやレモンから抽出した物と化学合成したビタミンCがありますが、どちらも効果は同等になります。しかし果実由来の物は他にポリフェノールや特有成分を含みます。乾燥に効く成分はセラミドやオリーヴオイル、ココナッツ抽出物が有効です。美容サプリに加えている可能性がありますが、それらを配合している製品は、全ては飲む量によって効き目が変わっていきます。

特にセラミドは細胞間脂質とも呼びますが、肌の中に存在している、ドライスキンに特効をあらわす成分です。健康サプリのことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です