リースバックの仕組みは、非常に簡単でわかりやすい

リースバックは、近年毎日のようにテレビCMや折り込み広告などで目にしていますが、興味を持って詳しい仕組みまで知ろうとする人は非常に少ない不動産サービスです、実際にリースバックを知っている人の割合は、20%前後とする調査結果が複数発表されており、リバースモーゲージやサブリースなど他の不動産サービスと間違えられていることも少なくありません。しかし、着実に市場規模が拡大しており、新規参入企業も増加しているので業界内での過当競争が始まっています。その為、業界内では創業5年以下の取扱企業が非常に多く、既存の取扱企業にない独自サービスを展開している企業もあります。リースバックは、住み慣れた自宅を売却して資金を手にした後も月額賃料を支払って売却した住み慣れた自宅に住み続けられる仕組みであり、仕組み自体は非常に簡単でわかりやすいものです。

契約は、基本的に自宅の売却価格と自宅の月額賃料の2つを決定するだけと非常に簡単であり、売却価格が決定されれば数日から2週間程度の短期間に現金化されて指定口座に振り込まれます。通常の不動産売買では、購入希望者が出てこない限り現金化のための交渉すらできない状態であり、購入希望者を募る為に売却価格の値下げが必要不可欠でいつ現金化できるか全くわかりません。日本は、海外とは違う意味で時は金なりと言いますが、正にローン返済は時は金なりなのでどれだけ短期間で現金化できるかは死活問題と言えます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*