リースバックの仕組みを知り資金調達

日本でも利用する人が増えているリースバックは、シンプルな仕組みです。事前にリースバックの仕組みを詳しく知っていると、手続きを円滑に進められます。一般の不動産売却サービスを利用すると、自宅が売れたら引越す必要があります。リースバックは売却後も自宅に住める便利な仕組みで、サービスを提供している買主が売買代金を一括で支払います。

リースバックを利用すると、売る側にも様々なメリットがあります。固定資産税の支払いが不要で、マンションに住んでいる場合は修繕積立金や管理費を支払う必要がないです。自宅に住み続けられますが、賃貸契約を結ぶので売却後は家賃が発生します。家賃の支払期間や金額は、契約内容によって異なります。

契約を締結する場合は、後で後悔しない契約内容を選択します。支払い期間が長いケースや家賃が高すぎる場合は、後で負担が大きくなる可能性があります。老後の生活に不安を抱える高齢者からローンの返済で悩んでいる会社員まで、様々な人がリースバックを利用しています。サービスを利用する場合は、現地調査が行われます。

調査後に家賃や買取価格などの契約条件が提示され、納得できれば契約を締結します。自宅の住宅ローンが所有している不動産に残っている場合は、売却前に抵当権を外す必要があります。不動産の売却代金は一括で受取れ、使い道にも制限はないです。契約が完了すると賃貸生活が始まるため、事前に支払う家賃を用意します。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*