リースバックとはどのような仕組みなのでしょうか

リースバックという言葉をよく聞きますが、これがどのような仕組みであるのか、あなたはご存知でしょうか。簡単に言ってしまえば、自宅という資産を活用した資産運用のことです。まず自宅を売却し、その家の賃貸契約をした後に、家賃を払って住み続けるという仕組みになっています。リースバックを行うには、まず不動産会社や金融機関などを通じて行います。

場合によっては、売却した自宅を買い戻すことも可能です。もちろん自宅という資産を活用するのですから、どのような目的でリースバックを利用するのか、それをはっきりさせておきましょう。主な目的としては住宅ローンの返済、あるいは相続対策などです。特に相続対策の場合は、自宅を売却することで現金化できるため、相続がスムーズに行くというメリットがあります。

その他にも老後の資金の確保、住み替えなどにも役立てることができます。特に住み替えの場合、売却した自宅にしばらく住み続けられるため、余裕を持って転居先を探すことが可能です。その他のメリットとして、売却した自宅に住み続ける場合は転居不要であること、所有権が業者に渡るので、固定資産税などの維持費を払わなくていいといった点があげられます。その一方で売却価格がいくらか安くなる、定期借家契約などであるため、住み続けられないケースがあるといったデメリットもあります。

ですからリースバックを利用したい時は、こういう仕組みをよく理解したうえで、まず業者に相談することをお勧めします。リースバックの仕組みのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*